面接に合格しよう

girls laughing

あなたがこれからまともに風俗の仕事ができるように、面接の受かり方を教えていこうと思います。風俗の面接はちなみに受けたことありますか?もし受けたことがないなら一から教えていきますので、しっかり覚えておくようにしてくださいね。まず風俗の面接と聞くと、どんなものを連想しますか?なんとなく適当でもすぐ受かりそうだと思う人がたくさんいると思いますが、残念ながら適当だと受からないことが多いです。なぜなら風俗は接客業なので、まともな人を採用しようとします。これは当然の話ですよね。ではどんな人なら風俗の面接で受かりやすいのか?やっぱり基本的なことですが、まともに喋れる人かどうかという点は重要です。つまり、敬語が使えるのかどうかという話です。これがもしできなければ残念ながら風俗嬢になることができません。お客さんを不快にさせるような接客をしないような人が採用されるので、相手の顔を見て敬語を喋れるかどうか、一度客観的に自分を見つめなおしてみてください。続いて、嘘をつかないかどうかもよく見られます。というのも、風俗の仕事は学生を卒業した18歳以上の女性のみが受けることを許されています。まだ学生なのにフリーターであることを詐称した場合、あとでばれたときに重い責任がお店ごと背負わされることになるので、嘘は一切つかないようにしましょう。いずれはどんな人がどんな嘘をつこうとばれますので、是非気を付けてください。ちなみに高級風俗へ面接に行く場合は、顔の良し悪しも確認されてしまうのでそこは注意してください。高級店で働ける人は容姿が良い女性のみなので、自信ある人は挑戦してみると良いでしょう。